Love+Peace☆Happyな生活

楽しい、おもしろい、キレイ、と感じたモノ、コトを綴っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハチはなぜ大量死したのか

書くと言っておきながらスルーしていた…
読みました。だいぶ前に…

ハチはなぜ大量死したのか
ハチはなぜ大量死したのか
(2009/01/27)
ローワン・ジェイコブセン
商品詳細を見る
「ミツバチがいなくなっているらしい」
「ハチに刺されることがなくなっていいんじゃない?」
という会話を聞いた。
…絶句。
ミツバチがいなくなる→受粉ができなくなる(できるものもあるけど)
→実がならない→食料不足
って、わからんかね
そんな時期に見つけた本書。

原題は
『Fruitless Fall: The Collapse of the Honey Bee and the Coming Agricultural Crisis』。
農薬などの化学物質の危険性を取り上げた
レイチェル・カーソンの名著『Silent Spring』(沈黙の春)を彷彿させるタイトル。
なので、邦題も『実りなき秋』とか、ストレートにした方がいいのでは、
と思ったけど、ハチの大量失踪、大量死に関して、ということがメインなので、
“ん?”と気を引くにはこのタイトルの方がいいんだろう、…と勝手に想像。

大量死、大量失踪の原因は未だ良くわからないので、
本書にもその答えが書かれているわけではないけど、
人間の傲慢さがよく出ている。

地球も、自然も人間のものではない。
だけど、私たちは都合よく
地球を守りたい、自然を守りたい、という。
人間が生きていくのに“都合のいい”地球、自然を守りたいだけ。
本書はそういった耳障りのいい表現をしてはいない。
「このままだと、人間が困るよ」
とはっきり示しているのがいい。

自然の摂理と言えば、失われる種があるのも自然の摂理。
でも、人間の放漫さで、ある種を絶やしてしまうのは本当に申し訳ない。
しかもその種の恩恵を多分に受けているにも関わらず。
淘汰されるのもまた、自然の摂理、と言うのならば、
私たち人間が淘汰されるような環境を招いても、
仕方ないよなぁ。

巻末付録部分は考えさせられる部分や、
役に立つ部分(傷口にハチミツを塗るといい、とか)があって興味深かった。
特に下記引用部はそうだなぁと感じた。

P.304
ミツバチは、私が知っている動物のうち、
生き残るために誰も傷つけない数少ない生き物のひとつだ。
彼ら(※L+P注:現代以前の人、我々の遠い先祖)は
ハチミツの効果を本能的に理解していたのだ。
人間がずっと知っていたこの事実を
科学者たちに教わらなければならなくなったのは、
二一世紀の先進国に暮らす私たちだけである。



P305
カーク・ウエブスターが言うように、
「私たちは生き物の世話をする能力を失いかけている」のだと思う。
そして、その「生き物」には私たち自身も含まれている。



「ハチミツ(非加熱処理)を傷口に塗ると傷口を細菌感染から守り、痛みを和らげ、傷口の回復にも役立つ」
と言われており本書にも記載されていました。
1)水分を蒸発させた濃縮状態。
2)酸の殺菌効果。
が傷口の回復に役立つようです。
濃縮状態であるため、浸透圧の関係により、殺菌。
(細菌の細胞内の濃度がハチミツの濃度より薄い→
細菌の細胞内の水分がハチミツにしみ出し細菌が死滅)

インド伝統医学アーユルヴェーダの中にも
ハチミツのさまざまな効用が記載されています。
抗生物質は健康な細胞まで傷つけてしまう恐れがあり、
また抗生物質が効かない細菌も出現しているため、
医療用ハチミツで治療することもあるようです。

加熱処理していない生ハチミツを用いることがポイントだとか。

私自身、本書を読んだ後に、
擦り傷に蜂蜜(マヌカハニー)をつけてみましたが
すんなり治った気がします。
(もともと傷の治りがいい方なのであまり比較にはならないけど…)
スポンサーサイト
[ 2010/06/13 22:17 ] 環境 environment | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

L+P

Author:L+P
日々感謝。
自然に、人に、自分に。

Share
希望を東北に!日本中に!



ブログ内検索
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。