Love+Peace☆Happyな生活

楽しい、おもしろい、キレイ、と感じたモノ、コトを綴っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メカブ粘り成分で「効果増強」=インフルエンザワクチン

メカブ粘り成分で「効果増強」=インフルエンザワクチン―ヒトで確認・理研ビタミン
8月18日2時31分配信 時事通信
 メカブの粘り成分「フコイダン」がインフルエンザワクチンの効果を高めることが、ヒトを対象にした理研ビタミン(東京都千代田区)、豊中愛和会(大阪府豊中市)、武庫川女子大国際健康開発研究所(兵庫県西宮市)の共同研究で分かった。22日から神戸市で開かれる国際免疫学会で発表される。
 フコイダンは、メカブのほかワカメやコンブなどに含まれる粘り成分の一つ。特有のヌルヌルで海草本体を守り、海中から引き揚げられた際などに乾燥を防ぐ。これまで、抗酸化作用や抗がん作用、抗ウイルス作用などが動物実験で確認されていた。
 共同研究では、理研ビタミンがメカブから抽出して粉末状にしたフコダインを使用。67~102歳(平均年齢87歳)の男女67人を2グループに分け、一方のグループにメカブフコダインを、他方に疑似粉末を、1日当たりそれぞれ300ミリグラム摂取させた。
 摂取開始から1カ月後、3種混合季節性インフルエンザワクチンを接種し、さらにその1カ月後には、感染予防に重要な役割を果たす抗体がどの程度できているかを測定した。この結果、メカブフコイダンを摂取したグループは、疑似粉末のグループに比べ、A香港型(H3N2)、B型、Aソ連型(H1N1)の3種ともに、顕著に抗体の増加が見られたという。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100818-00000011-jij-soci
フコイダンはけっこう前から注目されている気がするけど…。

“ワクチンの効果を高める”ということで、
単体でインフルエンザに対する抗体になるわけではないのね。
こういう研究自体、とても価値があると思うのだけど、
こういう発表があると「○○さえ食べれば大丈夫!」とか、
サプリとか発売されるんだろうな…。

スーパーからメカブとか、ワカメがなくなる現象が起こったりするのかしら…
みそ汁や酢の物とかでほぼ毎日、少しずつ摂取しているからか、
インフルエンザ罹ったことないなぁ。(もちろんいろんな予防してますが…)

やっぱり風土にあった食事は理にかなっているのかも。

わかめラブ
めかぶラブ
もずくラブ
スポンサーサイト
[ 2010/08/20 22:35 ] 食 Food,Cooking | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

L+P

Author:L+P
日々感謝。
自然に、人に、自分に。

Share
希望を東北に!日本中に!



ブログ内検索
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。