Love+Peace☆Happyな生活

楽しい、おもしろい、キレイ、と感じたモノ、コトを綴っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

官邸前反原発デモ2012.8.10

用事があったので今回は19時すぎで切り上げてきた。
オリンピック、夏休み、休み前の仕事の前倒し、花火大会などで
参加者は少ないかなーと思ったんだけど、先週よりも多かったと思う。
浴衣を着て花火大会の前に参加している方も何人か見受けられた。
8月6日、8月9日の原爆記念日があったからか、声も大きかった。
国会前のスピーチエリアにいる事が多いのだけど、
現役国家議員の話は次の選挙の布石にしかみえない。大変申し訳ないが。
特に社民党の議員の言葉は感情的すぎて、ビジョンがなく、
国民の意見を代弁しているかのように話すのだが、ズレている。
彼らが“私たちはずっと原発に反対してきました"と訴ていたが、
現実的に止めることができなかったのは
議員として力不足以外の何ものでもない。
いち市民活動の域をでない。だから反対しかいえない野党のままなのだ。
反対するには代案が必要で、それを考えて
建設的に事を進めることが政治家の仕事。
先送りや決まらない、というのは結果を出していないわけだ。
野田政権にイエスと言っているわけではない。
誰が政権をとろうが関係ない。
きちんと国民の未来へのビジョンをたてて実行してくれるなら。
内閣を解体することが私たち国民の思いではない。そこをわかってない。

そしてスピーチエリアで発言する方は理論的にのべなければいけない。
感情に任せて話しては単に不満を言ってるだけでしかない。
他の問題も関わってきてはいるが
原発の問題に絞って抗議しなければ論点がブレる。
今回原発の最前線の現場で働いている方のエピソードを紹介した方がいる。
貴重な話で、胸が痛くなり、身につまされる。
だからこそ、速やかに停止、廃炉へ動かなくてはいけないのではないか。
稼働している間も現場の人間は被爆しているのだから。
現場の作業員の被爆量がいっぱいになったら代われるか、
と我が身に置き換えて考えることや、
安い賃金で劣悪な待遇で働かされている事象を知ること、
公に知らしめることは大切だけど、
それはそれで電力を供給している電力会社が
安全対策として考え保障、解決すべき事象だと思う。
感情的になってしまう事はもちろんある。
でも、冷静にすすめていかなければならないのだと思う。
まず、原発を止めて、廃炉にしていくために行動する。
根気がいるし、しんどいけど。
穏やかに生きていくためにも、がんばっていこう。
スポンサーサイト
[ 2012/08/16 01:15 ] 環境 environment | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

L+P

Author:L+P
日々感謝。
自然に、人に、自分に。

Share
希望を東北に!日本中に!



ブログ内検索
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。