Love+Peace☆Happyな生活

楽しい、おもしろい、キレイ、と感じたモノ、コトを綴っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

未成年に携帯は必要??

<携帯電話>小中学生に持たせないで…石川県が全国初の条例

6月29日19時27分配信 毎日新聞

 石川県議会は29日、小中学生に携帯電話を持たせないよう保護者が努める規定を全国で初めて盛り込んだ「いしかわ子ども総合条例」改正案を38対7の賛成多数で可決した。施行は来年1月。

 最大会派の自民や公明など議員28人が共同提案した。青少年の健全育成などを定めた同条例に「携帯電話の利用制限」との条項を新設。「保護者は、特に小中学校に在学する者には、防災、防犯その他特別な場合を除き、携帯電話端末等を持たせないよう努めるものとする」と加えた。

 財産権や表現の自由に抵触するとの指摘があったものの、討論の中で提案会派の議員は「訓示、目標であり、『憲法違反』は的外れ。世論を喚起したい」と主張した。

 一方、反対会派の議員は「『大きなお世話』との意見が大半。各家庭が選択すべきことだ」と意見を述べた。

 子供の携帯電話を巡っては、文部科学省が今年1月、全国の都道府県教育委員会に対して、小中学校への持ち込みを原則禁止すべきだとの指針を通知している。

 ただし、緊急連絡手段としての持ち込みを保護者が校長に申請した場合は、登校後に学校が預かるなどすれば認められるとした。

 高校についても、授業中の使用禁止などを求めている。



当然。
規制されないとダメ、といえない大人が恥ずかしい。
そしてそんな社会を作っている大人の一員として恥ずかしい。

安全面が…という人もいますが、携帯を持たせて安心??
災害や事故の時は連絡が取れるといいかもしれないけど、連絡取れるのか??
持たせるなら110、119、登録した数件だけにつながる電話にするとか、
緊急用ホイッスルを持たせるとか、防犯ブザーを子どもが使用したら
親のところに連絡が行くシステムとか、
もっと有益な方法があるだろうと思う。
もし誘拐されたりした時に、電話なんてかけられると思います?
真っ先に取り上げられるんじゃないですかね。
電波の届くところばかりじゃないし、電池がずっと持つわけでもない。
そんな時は携帯電話と一緒にいるとも限らない。
メールや電話、携帯ばかりいじっている姿を見ると
いざっていうときに電池切れ、の可能性が高い気がする。
以前あったドラえフォンみたいなの、どうでしょうね。
電磁波の問題もあります。
e.g)
EU各国………16歳以下は携帯電話の使用を控えるようにと勧告。
ロシア………未成年や妊婦の使用中止を勧告。
イギリス………2000年に「スチュワート報告」が公開され、
16歳以下の子どもは携帯電話の使用を控えるように勧告
各局スポンサーに携帯電話会社がいる日本のメディアは報道しないですね。

電話の応対がきちんとできない新人が増えているのは、
こういうコミュニケーションしか経験していないのも一因では?

それをどう使うかを大人がきちんと教えればいいこと、というオトナがいますが、
→大人がきちんとメリット、デメリットをわかっているのか?
使いこなしているか??
ロックかけているのは怪しいとか低い次元のこと言ってません?
(パートナーの有無は関係なし)
ネチケットもできていない大人がほとんどじゃないか?

e.g.)ロックをかけるのは万が一携帯を紛失したとき悪用されないため。
通信費など、金銭で痛手を被るならまだいい。
アドレス帳のデータを丸ごと盗まれる可能性の方が高いし、
所持者にはわからない。
(フルネーム、アドレス、電話番号、生年月日、住所など)
知らないうちに知人の情報を流している、流されているのと同じ。
→そこまで想像力がはたらかないオトナは
子供に携帯の使い方を教えることはできない。

e.g.)メアド変えました♪
とか、ccないし一括送信で送る、とか。
→何がいけないの?と思っている人、ネチケットを勉強してください。
送信者が登録している名前<メールアドレス>で送信されているので
名前(フルネームの可能性大)+メールアドレス
が全く知らない人に知られる。
仲間内でも基本はBcc。

IT大国インドではパソコンの使い方、ソフトの使い方などは
小学校ぐらいから学ばせるが、インターネットに触れさせるのは
もっと大人になってからだという。
インドに学べ、といって、
小さい頃からパソコンを使っている=ネットを使っている
というわけではない。
スポンサーサイト
[ 2009/06/30 01:23 ] 平和 peace | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

L+P

Author:L+P
日々感謝。
自然に、人に、自分に。

Share
希望を東北に!日本中に!



ブログ内検索
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。